顔に何もつけない日を作る

私は肌荒れですごく悩んでいました。顔は赤いできものだらけです。しみもあります。会社の行きかえりは長時間バス通勤でしたので日が強い日は直射日光が当たり顔にしみがたくさん出来てしまいました(‘Д’)

私はそれらの顔の問題点を隠すがごとく化粧下地クリームをたっぷり縫ってファンデーションを濃く塗っていました。一見できものやしみがそれでかくれたかのように見えていました。そんな化粧方法を長年やっておりました。しかし、だんだんと肌荒れがさらにひどくなっていきました。肌荒れがひどくなるのと比例して私は化粧がだんだん濃くなっていきました。顔の皮膚の欠点を隠したかったのです(^_^;)

私が化粧を濃くすればするほど肌荒れがひどくなるので、自分でどうすることもできず皮膚科に相談にいきました。
やはり化粧品が原因を作っているとのことでした。勧められたのはできるかぎり化粧をしていない時間を増やすことだと言われました。

私は帰宅後はすぐに化粧を落とすようにしました。いつも帰りが遅いとそのまま化粧を落とさずに一晩寝てしまうことがしばしばありました|д゚)

このような生活習慣も大きく肌荒れの原因かと思いました。とりあえず、休日は肌を休める日ときめてほぼすっぴんで過ごすことにしました。

幸い休日は人に頻繁にあうことはないのですっぴんで過ごすことにさほど抵抗はありませんでした。

このようなすっぴんのひを作って過ごすとすこし肌に解放感がでました。とてもきもちがいいのです。

顔に何もつけないで過ごすなんて大人になってから今までありませんでした。休日でも化粧はしていました。それが習慣になっていました。

化粧をしなければ外に出歩くこともできませんでした。それほど自分の素肌を隠したかったのです(^_^;)

しかし顔になにもつけないでいると肌の負担が軽くなったのか肌荒れが少しずつひいていきました。

あれだけ悩んでいた肌荒れが何もつけないことで解消されていきました。もっとはやく気づきたかったです。

今はスキンケアに力を入れていて、良い化粧水を使うようにしています。20代のおすすめ化粧水を紹介するサイトを参考にお肌を健康にしてくれる化粧水を使って、美顔器もつかってクレンジングもしています。

これからは美肌を目指して頑張りたいと思います(^^)